スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞の感想

秋華賞


秋華賞から一夜明けてもまだちょっと興奮してます(笑)

スカーレットの強さを改めて感じたレースでした

秋華賞の感想を少し



ヒシアスペンかザレマが逃げるという情報があったんですが

スタート後は予想通りこの2頭が行きましたね


ハナを切ったのはヒシアスペン

そしてザレマとスカーレット

でも相変わらずスカーレットの行きっぷりがいいので

2番手でレースを進めることに


アンカツは控えるつもりだったみたいですが

返し馬でフットワークがよかったから作戦変更したとか


ヒシアスペンが思いのほか引っ張っていったので1000m通過は59.2秒

前半のラップタイムは

~200m : 12.3
~400m : 10.4
~600m : 11.5
~800m : 12.2
~1000m : 12.8

とちょっと速め


そして1000mを通過した直後

天才アンカツが魅せました

~1200m : 13.6

池添Jがペースを落としたことに同調して

アンカツもここで一気にペースを落としたことで

この後にスカーレットが魅せたロングスパートへと繋がります


~1400mを12.4で通過してからスカーレットの本領発揮です


~1600 : 11.3

~1800 : 11.1

~2000 : 11.5



急激にギアを変えて一気にトップスピードへ

そしてそのまま止まることなくゴール


これがスカーレットの武器ですね~

こんなの差せる馬いないし(笑)


ウオッカは上がり3Fが33.2

ベッラレイアはなんと32.9


これだけの脚を使っても届きませんでした


やはりスカーレットの後ろにいたのでは勝てませんね

スローだからこうなっただけとか

ペースが速くなったら弱いとか

そんなレベルの話じゃないと思うな~


スカーレットは別に逃げ馬じゃないしね


でも、まだウオッカとの決着は着いてないかも

ウオッカは休み明けでまだ万全じゃないだけに

今回は勝てなくて当然


勝負は次ですね


JCでもかなり好走するはずですが

もう一度スカーレットと戦ってほしい



2着に入ったレインダンスも強いですね~

でも幸四郎Jが「何もかもうまくいった」と言ってるだけに

最初から2着狙いだったみたい


ウオッカは負けて強し

この馬はやっぱすごいよ

ウオッカが追い上げてきたときは正直怖かった(笑)


ベッラレイアの末脚は鬼ですね!

武さんが勝ちにいった結果

あの位置からのレースで4着でしたが

やっぱりもうちょっと前に居てほしかったかなーと思います



終わってみれば

スカーレットの強さとアンカツの巧さが際立ったレースのように感じました

好きな馬と騎手だからそう見えただけかも知れませんけど(笑)




好きな馬に好きな騎手が乗ってG1を勝った

そしてそのレースを生で観戦できた


最高の秋華賞でした!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。