スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカーレットの強さ

ダイワスカーレット

秋華賞の興奮まだ冷めやらずって感じです(笑)

スカーレットについては色んなところで色んな解釈がされていますね

個人的には

付け入るスキのない完璧な強さを持った馬

だと思ってます

その強さのポイントをいくつか



◆テンのスピードが尋常じゃない

スタートしてから位置取りが決まるまでの2F

スカーレットはこの2Fのスピードがめちゃくちゃ速いです

先日の秋華賞は~400mが10.4秒

この速さに馬なりで着いていけるスピード

これが武器のひとつですね


◆折り合いがつくようになった

春は掛かりやすさがあったようですが

陣営の努力の甲斐あって

今では鞍上の指示にすぐ反応できる良い子

また秋華賞を例にすると、中盤で13秒前後を2度刻んでます

前半のハイペースから一気にスローへ落としたにもかかわらず

スカーレットは掛からなかった

春に比べて最大の成長はここですね


◆ペースを自分でつくれる

スカーレットが勝ったレースではよく

スローだから勝てたとか、展開が向いてラッキーなだけ

といった感想を目にします

でもこれは決して偶然なんかじゃなく

誰もスカーレットとやり合おうとしないから必然的にスローになっているだけ

無理に競っていけば返り討ちに合うだけだから

これからも同世代と走る場合は常にスローで走れると思う

そういう意味では次のエリザベス女王杯が楽しみですね

お姉さんたちの中には強い逃げ馬がいるので


◆ロングスパート

スカーレットの最強の武器

残り600mから仕掛けても最後まで脚が止まらない

おまけに急激にトップギアに入るので

誰もついていけない

スカーレットが過去に負けたアドマイヤオーラとウオッカ

この2頭が凄まじい瞬発力でスカーレットを破ったからこそ

この走りに磨きがかかったみたい

おかげで32.9秒でも届かない走りになった


◆主戦アンカツ

天才というか、神(笑)

もうアンカツが乗る以上は無敵な気がする

状況に応じて作戦変えるし、ペースも操るし

完全にスカーレットを手の内にいれてる

スカーレットに勝てるのはアンカツが乗ったお兄ちゃんのメジャーくらいな気がする(笑)



これからは古馬や男馬が相手

この冬と来年

スカーレットはもっと偉大なことをやってくれると信じています


ケガをしないことを祈るだけですね


エリザベス女王杯が楽しみ!

ウオッカ出てこーい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。