スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞は騎手の腕が試される

レグルスキッド


長距離戦は何より折り合いが大切になります

道中どれだけ馬をなだめて気持ちよく走らせることができるか

それだけに、菊花賞は騎手の腕が試される一戦とも言えますね

今年の菊花賞を制するのは一体誰なのか



菊花賞の勝利数で見るとやはり武さんですね

神戸新聞杯から新たにコンビを組んでいるドリームジャーニーに騎乗

前走の勝ちっぷりと武さん人気で、1番人気もあるかもしれない


ただ、陣営も不安を感じているようで

3000mという距離が合ってるかは微妙なところ

個人的には持たないと思ってます

母父にメジロマックイーンがいる辺りちょっと怪しいですが…



連対率はノリさんが凄いですね

凄いっていうか、連対率100%だし(笑)

セイウンスカイの印象が強すぎるせいか

長距離のノリさんは逃げのイメージがありますね


ノリさんが夏から目をつけているホクトスルタンに騎乗

こちらは父がメジロマックイーン

2600mで逃げ切り勝ちもあり、単騎で逃げると怖いかも



興味深いのは、菊花賞初騎乗で初勝利を挙げている騎手

最近ではザッツザプレンティのアンカツと

デルタブルースの岩田Jですね

地方出身の騎手が好成績を残している傾向があります



アンカツはフサイチホウオーに騎乗

ホウオーについては、ホウオーが走る気を出さない限りどうにもならないので…

もちろん応援するし馬券も買うけど、どうなるかはわからない(笑)



岩田Jはヴィクトリー

ヴィクトリーはいかにも乗り難しい印象がありますね

気性が激しいだけに菊花賞では岩田Jに全てがかかっています

ただ、この馬には田中勝の方が合ってると思うんだけどな~

アドマイヤオーラがいればよかったんだけど…


なんだかんだ言っても、デルタブルースで会心の騎乗をしているだけに

岩田Jにも要注意ですね



で、問題の地方出身で菊花賞初騎乗の騎手

今回もいるんですね~

それは、柴山J

しかも、ロックドゥカンブです

まあロックは誰が乗ろうと本命にするつもりだったんですが

柴山Jが騎乗することでかなりポイントアップですね


問題があるとすれば柴山JのG1騎乗の経験だと思うんですが

こんなの気にしても仕方ないし

いつも強気の騎乗をする騎手だけに問題ないかな

何より柴山Jはロックドゥカンブに絶大の信頼を寄せている

これが最大の強みですね


ロックと柴山Jが歴史を動かす



でも菊花賞見にいけないっぽいんだよな~…(笑)

むぅ…


とりあえず

騎手でみると気になるのはこの5人です

コメント

日本血統LOVEな僕はホクトスルタンに惹かれます
着順ミーハーな僕はデュオトーンに惹かれます

そして、いつも馬券を破り捨てます

前々日オッズだとホクトスルタン2番人気らしいよ!

ノリさんの逃げが見たいです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。