スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「馬券会計学」を読んでみた

競馬の本といえば、サイドメニューでも紹介している

「安藤勝己の頭脳」くらいしか読んだことはなかったけど、

偶然アマゾンで面白そうなのを見つけたので読んでみた。

公認会計士でありながら、競馬で食べているという著者の「馬券会計学」

こんな買い方は今まで考えたこともなかったな~



感想を少し。

著者は5年連続でプラス収支を続けているというだけあって、

なるほど~、というポイントがたくさん。


中でも衝撃だったのがこれ。

新馬・未勝利戦を狙う

個人的には、新馬・未勝利戦は避ける傾向にあって、

ほとんど買った記憶がありませんw

重賞の方が何となく予想のやりがいがあるし、

メインレースが勝てればテンションも自然に上がる。

しかし、会計士の視点から見ると

新馬・未勝利戦こそが絶好の「投資」対象なんだとか。

競馬を「投資」と考えたときに、最も魅力的になるレース。

そういう視点があることが知れただけでも、読んでよかったかも。



個人的には競馬を「投資」として見ることはできないだろうし、

好きな馬を応援して満足してる部分が大きいので、

なかなか実践できるかというと難しい気もするけど。


なにせ、今までで一番がんばった馬券は

昨年の有馬記念で買ったスカーレットの単勝一万円なのでw



もし本気で馬券で稼ぎたいと思ったときは、

ここに書かれていることを実践してみたい。


【馬券会計学】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。