スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジノドライヴのアメリカ遠征が決定


アメリカG1への挑戦に期待

で紹介したカジノドライヴですが、衝撃のデビュー戦を無事に終え、

アメリカ遠征のプランが固まったようです。

大目標は、米3冠最終戦のベルモントS・G1(6月7日、ベルモントパーク競馬場・ダート2400メートル)。それに向けてのステップとして、ピーターパンS・G2(5月10日、ベルモントパーク競馬場・ダート1800メートル)か、プリークネスS・G1(同17日、ピムリコ競馬場・ダート1900メートル)を使う。注目の鞍上は、新馬戦に引き続き武豊が務める。

ベルモントS制覇の夢が現実味を帯びてきたようで、楽しみですね!

そして、これには少し嬉しい情報がありました。
同じく山本英俊オーナーが所有するスパークキャンドル(3歳500万)、シャンパンスコール(3歳未勝利)の帯同と、青木の渡米も決まり、準備は着々と進んでいる。

帯同ですが、注目していたスパークキャンドルの渡米も決まりましたw

いやー、でももしかしたら現地で走ることもあるかもしれないし、

シャンパンスコール共々、アメリカで頑張ってほしいです。


スパークキャンドルは1勝してるけど、シャンパンスコールは未勝利だし、

アメリカで勝って凱旋てことになったらかなりカッコイイw


まずは無事に3頭とも渡米してもらって、それぞれのスタートラインに立ってほしい。

藤沢厩舎の挑戦から目が離せません!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。