スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディアデラノビアが引退

ディアデラノビア

中山記念をラストランに引退する予定だったディアデラノビアですが、

どうやらフレグモーネを発症してしまい、レースを回避、引退となったようです。

楽しみにしてたので残念ですが、お母さんになって元気な子供を産んでほしいですね!

ディアデラノビアの豪脚は忘れない。お疲れ様でした!


それにしても、最近このフレグモーネという言葉をよく目にします。

細菌が入って炎症を起こしてしまうようですが、

ひどくなると蹄葉炎を発症するケースもあるらしく、なかなか怖いですね。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。