スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と収穫のあった弥生賞


弥生賞はマイネルチャールズが勝って重賞連勝!

ここでようやく重賞2勝目を挙げる馬が出ましたね~

正攻法の競馬で快勝だし、本番へ向けて良いステップになりましたね。

明らかに調教不足という情報が流れている中での勝利だけに、

皐月賞でもかなり人気しそうな感じですね。


では、弥生賞の感想でーす


ブラックシェルの課題は残る

課題というか、個性というか、

体が大きいだけにエンジンのかかりが遅いですね~

今日もちゃんと走ったのはラスト100mくらいな気がする。

でも武さんの騎乗は良かったし、

中山ということも考えると良いレースでしたね!

しかし、これで中山2000mでマイネルチャールズに連敗…。

これは素直に受け止めるべきなのかw


ダイシンプランは権利取れなったですね。。

ある程度前につけてくるかと思ったけど、

ちょっと後ろになってしまいました。

ダイシンプランも広くて直線の長い方が合ってそうだし、

焦らず確実に立て直してほしいですね。


キャプテントゥーレはちょっと物足りない結果。

理想的な位置取りでレースを運べたと思うけど、

直線に入ってからはいまいちでしたね。

中山が合ってないだけかな…?


3着に来たタケミカヅチは、

中山仕様の騎乗をした木幡Jが良かったですね!

先行しても伸びることがわかったし、

収穫はあったと思います。

それにしても、タケミカヅチは頑張り屋さんですね。



馬券はブラックシェルの複勝だけ当たりw

んー、あくまで保険なので今週は結局負けですね。

これで3月に入って連敗。

でも、まだまだこれから!


クラシックムードになってきたし、来週も楽しみ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。