スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樫の舞台に黒鳥の舞を


今年のオークスはほんと難しいですね。

水曜の時点では、ある程度絞って考えようとしていましたが、

枠順や調教なんかを見てると、さっぱりわからなくなりましたw

なので、一度振り出しに戻って決め直しました。


では、オークスの予想です!


◎オディール


巡り巡ってここに戻りましたw

桜花賞とは打って変わって、

調教量が豊富であること。

これが最大のポイントですね。

距離については、アンカツが誤魔化してくれます。きっと。

そういえば、オディールという名前は

「白鳥の湖」の黒鳥から取っているそうです。

オークスっぽいと思いました。


○ブラックエンブレム


とにかく調教を数多くこなしている点が良いと思います。

桜花賞は位置取りが後ろ過ぎたので、

今回は思い切って先行してほしいですね。

馬場については…わかりません。


▲トールポピー


桜花賞で体重を減らしていたので、

あまり調教できていないかと思っていましたが、

割と調教量は豊富のようです。

体調が戻ってきているのかも。

巻き返しに期待ですね。


△ムードインディゴ


穴を開けるとすれば、この馬が面白いです。

ゆとりのあるローテーションで、

調教も多く準備万端ですね。

頑張れ!



あまりにわからないので、

テーマを「調教量が豊富」にしてみました。

そうすると、気になっていた

レッドアゲートとリトルアマポーラは本数が少ないので軽視。

代わりにブラックエンブレムとオディールが浮上。

たまにはこんな決め方もいいかな~と思いました。


馬券はオディールの単複と、4頭馬連ボックスにします。

阪神JFの再来を願って。


晴れますように!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。