スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念は驚きと残念と


シンザン記念はアントニオバローズが勝って2連勝。

正直、なんでこんなに人気があったのか不思議だったんですが、

終わってみれば人気があるだけのことはあったという感じ。

次はちゃんと注目しておく必要がありますねー。


では、シンザン記念の感想です。


ミッキーパンプキンは4着


スタートがあまり良くなかったので控えるかと思いきや、

気付けばツルマルジャパンの2番手まで上がる。

なんとか折り合いがついている感じで、好位のまま直線へ。

バテたツルマルジャパンを尻目にあっさり抜け出し、独走態勢!

と思った途端、すぐに並ばれてあっさり脱落…。

3着かー、と思っていると最後に差されて4着。。

ラスト1Fの止まり方はびっくりでした。ほんと。


結果的に、もうちょっと控える競馬をしてほしかったのと、

仕掛けも早かったかなと思いました。

3着を外すとは思ってなかったので、驚きました。



ミッキーパンプキンの走りも残念だったけど、

もう一頭残念だったのがツルマルジャパン。

今回は色々と工夫をしてくるということだったので、

もしやと思って期待していましたが…。

スタートしてみると最初からエンジン全開。

鞍上も押さえる素振りを微塵も見せずに馬なり。

当然の如く4コーナーでバテて試合終了。

能力がある馬だけに、なんとか再起してほしいのですが。。

んー、見ていてもどかしいレースでした。


ツルマルジャパン自信は気持ちよく走ってるようにも見えるけど、

さすがに直線まで持たないとなるとそうも言ってられないですよね。

今後、この馬の走りがどう変わっていくか気になります。

もう一度勝てることを願って、応援したいなーと思いました。



馬券はミッキーパンプキンの単複なのではずれ。

うー、年明け早々連敗ですか…。

今回はフェアリーSでジェルミナルを買うのが正解でしたねw

次週も頑張ろうっと。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。