スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジノドライヴ世界制覇ならず


カジノドライヴのドバイワールドカップ制覇はかなりチャンスがあると思っていたけど、

終わってみれば8着。改めて世界の壁を感じたというか、厳しいですねー。


 「前に行く馬が何頭かいたので、4~5番手くらいで競馬をしようと思っていた」という安藤勝己騎手を背に、序盤は好位を追走。しかし「気分よく行かせると、距離的に2000mはギリギリという感じがあったので控えたが、3コーナーで前の馬が下がってきてゴチャゴチャしてしまい、思ったポジションが取れなかった」と徐々に後退。「最終コーナーで内が開いたので気合いを入れたが、反応がなかった」と、直線では見せ場もなく失速した。

ドバイワールドC、カジノドライヴは8着

距離は大丈夫だと思っていたけど、アンカツは少し不安を感じでいたようです。

結果的に、馬込みになってしまったのが痛かったのかな。

まだレース映像見れてないけど、厳しいレースだったみたい。



ドバイデューティフリーのウオッカは果敢に先行するも、

直線で脚が鈍ってしまい、7着。

これは映像見ましたが、逃げて勝った馬は強いですね。


ワールドカップのウェルアームドも逃げ切りだし、

スピードだけじゃなく相当なスタミナも必要なんでしょうか。


ドバイゴールデンシャヒーンのバンブーエールは4着。

これは驚きました。大健闘じゃないですかね!

この条件でも日本馬がやれる証明になったし、

来年に繋がるレースだったと思います。



今年もドバイの壁は厚かったけど、

全馬無事に完走できたことが何より。

カジノドライヴ、ウオッカ、バンブーエール。

みんなお疲れさま!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。