スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末脚全開で悲願の戴冠なるか


ダービーが終わって、競馬も落ち着いた感じですねー。

といっても、今週は安田記念があるし、宝塚記念までは熱い戦いが続きます。

その安田記念ですが、何といっても2頭のダービー馬対決に注目ですね。

これがマイルチャンピオンシップなら違和感たっぷりなんですが、

そこは東京の1600m。白熱の追い比べが見られそうな予感です。

この2頭に割ってはいる馬がいるかどうかですが、

天皇賞でこの2頭をあわや差し切るかという末脚を見せ、

おまけに鞍上は今最も流れに乗っているジョッキー。

そうです、あの馬に期待してみます。


◎カンパニー


道中は中団で脚を溜めて、

ウオッカとディープスカイがラスト1Fで止まりかけた所を

カンパニーが内から強襲する。

これが理想かなと思います。

正直、カンパニーがG1に出ることも残り少ないだろうし、

今回が最後の戴冠のチャンスのようにも感じます。

流れを見方に、精一杯頑張ってほしいですね。


ウオッカとディープスカイの2強にカンパニー。

そしてアンカツが騎乗するファリダットに注目します。

あとはスマイルジャックが先行すれば面白そう。



明日は良馬場で開催されますよーに。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。