スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱菊は春の実績馬か新星か


秋華賞から一週間。先週と打って変わって混戦模様の菊花賞。

最後の一冠は落とせない3強の一角リーチザクラウン。

春の実績馬を一蹴して勢いに乗るイコピコ。

実力は世代トップレベルを誇るアンライバルド。

紅一点のポルカマズルカなどなど。


考えれば考えるほど混乱しそうな菊花賞ですがw

逃げ切りに期待します!


◎リーチザクラウン


神戸新聞杯はイコピコの末脚に負けて2着でしたが、

逃げて粘りに粘っての2着なので内容はよかった。

3000mの長丁場だし、今までよりも一層折り合いが重要になりますが、

そこは経験豊富な武さん。うまく乗ってくれると信じます。

最後の一冠はぜひ、リーチザクラウンに獲ってもらいたい!



対抗○はイコピコで。

前走の走りはインパクトありましたね!

四位さんの2週連続G1勝利も有り得る話。

イコピコが勝つと競馬場がなんとも言えない空気につつまれそうw


▲はセイウンワンダー

神戸新聞杯ではさすがの走りで3着に来たし、

一叩きしたことで上昇してくるだろうし、

G1馬の意地でここは頑張ってほしい。

折り合いがつけば3着は外さないはず!



馬券はひさびさに3連複で。

リーチザクラウン1頭軸で、

イコピコ、セイウンワンダー、アンライバルド、

そしてアドマイヤメジャーに流します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。