スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼脚、再び


菊花賞はダンスインザダークのワンツーで決まり、血統の大切さを実感しました。

とはいえ、血統を見て予想するのは難しいですね。

あまり血統を考えた予想はしてこなかったので、

少しずつでも取り入れて行きたいと思いましたよ。

基本は直感ですがw


さて、今日は数あるG1の中でも特に興味のある天皇賞・秋。

今年もウオッカを筆頭に、すごいメンバーですね!

ウオッカの連覇に期待がかかりますが、本命はこの馬。


◎カンパニー


ウオッカの少し後ろにつけて、直線までにうまく外に持ち出せば。

ウオッカを差すにはある程度直線までに詰めておかないといけないし、

それができるのはカンパニー。

外枠だと後ろからになってしまいそうだったので、

この枠はいい感じですね。

G1を勝つ条件は揃った。あとはウオッカを差して勝つのみ。


○はキャプテントゥーレ!

脚質的に東京は向かない気がしますが、

それでも前走の勝ち方から期待せずにはいられません。

果敢に先行してどこまで粘れるか。

とりあえず、ラスト1Fまで先頭にいたら嬉しいなーw


▲オウケンブルースリ

距離は短いですが、そこは東京競馬場。

長い直線を活かして大外一気ですねー。

めちゃくちゃすごい勢いで飛んできたけど、

あと50mあれば差しきれるところでゴール。

そう、カンパニーは差さないでおくれ。



というわけで、個人的にはウオッカは負けると見ています。

狙うならジャパンカップのほうが面白そうだし。


馬券はカンパニーの単複で勝負!

キャプテントゥーレとオウケンブルースリへの馬連も買おうかな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。