スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイープに続け、タガノエリザベート


ファンタジーSはタガノエリザベートの末脚が凄すぎて面白かったですw

上がりは当然、メンバー中最速で33.5秒。

2位がベストクルーズの34.2秒だから、

これだけでもタガノエリザベートの勢いがどれだけ凄いかがわかります。


アンカツも横を見て驚いたような素振りをしてましたねw



勝ったタガノエリザベートはスペシャルウィーク産駒で、

前走のデイリー杯では33.8秒の脚を繰り出して6着。

展開の助けは必要ですが、ハマッたら怖い存在ですね。

スイープトウショウをほうふつとさせるものがあるので、先が楽しみです。


2着のベストクルーズは予想通りの展開で、最後もよく伸びていました。

アンカツの乗り方も完璧だったと思います。

まあ、外からあれだけの勢いでこられたら仕方ないですねw

次も期待できる走りでした。



本命にしていたラナンキュラスは4着。

いつものように下げるかと思いきや、押しながら前に行きましたねー。

先を見据えて先行する競馬を試していたみたい。

結果、最後もバテた感じではなく伸びてはいるものの、

やはり道中は脚を溜めたほうがいいように感じました。

さて、本番ではどうするのか。


ラブグランデーは無理なく前にいけたし、

直線に向くまでは終始スムーズに運べているように見えます。

が、いざ追い出してからが案外。

ちょっと心配になるくらいの失速ぶりでしたが。大丈夫かな。。



馬券は見事にはずれ。

今回はラナンキュラスがいつも通りに走ると思い込んでいただけに、

前に行くことまで考えていませんでしたねー。失敗。

この時期だし、先を考えていろいろ試すことは当然ですよね。

これからは先入観にとらわれず、こういったところまで考えられるようにがんばろう。

んー、むずかしい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。