スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ一族の新星ローズキングダム

東京スポーツ杯2歳Sはなかなか見応えのあるレースでした。

注目していたのは3頭。新馬戦で強い勝ち方をしたローズキングダム、自在性を感じさせる走り方で
連勝中のトーセンファントム、そして強烈な末脚が武器のレッドバリオス。

結果はローズキングダムとトーセンファントムの一騎打ちとなりました。
これ、どちらもかなり強いですね。


特に勝ったローズキングダムはキャリア1戦とは思えないほどうまい勝ち方。
スタートしてすぐに先団につけると、少しかかる素振りを見せながらもなんとか折り合い、
直線に向いてからは抜群の勝負根性を発揮してなんなく重賞制覇。

この時点では頭ひとつ抜けている印象を受けましたよ。
次走は朝日杯FSも視野に入れているようなので、ぜひG1を狙ってほしいです。
バラ一族に強力な新星が誕生ですね!このまま順調に行ってもらいたい。
キングカメハメハの代表産駒として、応援していこう。


2着に敗れたトーセンファントムも強かったですね。
スタートでダッシュがつかずに後ろからの競馬になったものの、焦ることなくじっと我慢。
直線に向くと一気に加速してローズキングダムとマッチレースに。勢いはトーセンファントムの方が
あったのであっさり抜け出してもおかしくなかったけど、どうやら最後はバテた様子。

これを見る限りは、後方待機よりも中団くらいにはつけておいた方がいいのかもしれませんね。
次はどういった走りを見せてくれるのか楽しみ。


レッドバリオスは意外でした。
中団で脚を溜めたものの、思ったほど伸びずに10着。まあ、まだキャリアが浅いし…
と言ってしまえばそれだけローズキングダムが目立ってしまうけど、仕方ない感じ。

思い切って後方から溜めた方がいいのか、ちょっとわかりませんねー。


レッドはレッドでも、いい末脚を見せたのが3着のレッドスパークル。
こちらは対照的に前走が先行して勝っているので、これはまたびっくりです。
この時期はまだどの馬も脚質が定まっていないということですね。難しいw


あと、強いと感じたのは4着のサンディエゴシチー。
休み明けにもかかわらず、府中の長い直線を先頭で迎えてよく粘ったと思います。
さすが札幌の覇者だけあって、重賞ウイナーの力は十分発揮できたんじゃないかと。

前にいけるタイプなので、このまま朝日杯FSに出走してくれば要注意かも。



馬券はローズキングダムとトーセンファントムのワイド1点買いで当たり!
ワイドってところが何ともアレですが、当たったのでよかったw

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。