スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新王者エスポワールシチー

エスポワールシチーが逃げて快勝!完璧に自分のペースに持ち込んで最後まで脚色が
鈍ることなく逃げ切り。まさに人馬一体の勝利。佐藤Jのインタビューから、ここまでの
苦労とか勝った喜びとか、表情こそ変わらないもののいろいろ感じられました。
新王者誕生、おめでとうございます!

自分から前に行ける脚質が良いですね。こういう勝ち方ができることは、海外でもやれる
という自信につながると思います。これは早くも来年のドバイが楽しみになってきましたね。

1枠1番なので、逃げるには最適だけど逃げるつもりがないなら内に包まれる可能性のある
危ない枠。予想の時には考えた末、エスポワールシチーは逃げにこだわらずに、自在性を
活かしたレースをする。との考えから無印にしたわけで。。

スタートしてあっさりハナを切り、1コーナーを回っていくエスポワールシチーを見て、
「やられた…」と思ったのはここだけの話w 純粋に今までの走り方と馬の強さを信じて
予想するべきでしたね。枠という要素はレースに重要な意味をもたらす反面、それが故に
判断を迷わせる材料にもなる。うー、難しい。


対照的に枠が仇となってしまったのが9着に敗れたマコトスパルビエロ。スタートダッシュが
付かないために(アンカツの必死の励ましに見ているこちらもマコトスパルビエロがんばれ!
て思いますw)今日はいつもより置いていかれる形に。先行馬なので外から被せられると痛い
ですねー。

向こう正面で一気にスパートをかけて2番手まで上がりましたが、やはり負担は大きい。
直線に向くときには脚色が鈍っていて、それでも必死にがんばるマコトスパルビエロの姿は
感動なんですが、それだけにスタートに悔いが残ります。せめて外枠ならもうちょっと早めに
先団につけられたかもしれませんね。でも強さは見れたし、まだまだG1を勝つチャンスはある。


ヴァーミリアンはまさかの8着。前に行く馬が多いので、中団から行くことは考えられたこと。
ここからでも十分届くと思って見ていたんですが、まさかまさかの4コーナー。ちょっと
ゴチャついたこともあってか、位置取りを下げてしまいました。ここでスムーズに上がって
行けたらよかったんですが、仕方ないですね。直線で伸びてはいるものの、キレるタイプでは
ないだけに差は縮まらず。悔しい。。

ほんとに2着は外さないだろうと思っていただけに、この敗戦はショックでした。これで王者の
座はエスポワールシチーに渡ったわけですが、どこかでもう一度再戦してほしいかなー。


ワンダースピードは外枠から果敢に前に行きましたね。外にアキュートがいたので、それを見る
形で進めるかと思ったのですが。見ている限りは前半もうちょっと控えてみてもよかった気が
します。結果15着だし、展開がきつかったかな。



馬券はヴァーミリアンから買っていたのではずれ。今週はまさかの全敗でしたー。
展開をもっと考える必要があったかも。というか、ジャパンカップダートはいろいろ考えて
迷ってしまったので、やっぱりもっと直感的に行く方が当たる気がするw

迷った時は一度振り出しに戻って直感で

よし、来週もがんばろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。