スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の阪神JFは混戦模様

昨年の阪神JFは、抽選を突破した1勝馬ながらブエナビスタが圧倒的1番人気に推され、期待通りの強さを見せたレース。今年の阪神JFは抜けた存在がいないだけに、どの馬を軸にするかが問題。1番人気は新潟2歳Sで脅威の末脚を発揮したシンメイフジ。2番人気は赤松賞で強い勝ち方をしたアパパネ。それからタガノエリザベート、ラナンキュラスと続いているようですね。

阪神外回りは直線が長くゴール前に坂があるので、それなりにスタミナがないとキツそう。スタートからコーナーまでが長いため、ペースが落ち着いてしまうこともしばしば。そのため、京都の外回りほど追い込みは決まりにくい印象もあります。

中団より後ろにならず、自分から動けて最後まで伸びる。それでいて安定感のある馬から行こうと思います。


◎ベストクルーズ


ファンタジーSでは5番手から進めて直線きっちり伸びての2着。タガノエリザベートの強襲に合ったものの、上がりが2位の34.2秒なのは立派。前走のように後ろから一気に来られるとまずいけど、阪神の特性を活かして凌いでくれることを期待。
外枠がちょっと心配ですが、スタートから包まれる心配もなくポジションを取りに行けるので大丈夫かな。


○ラナンキュラス


ファンタジーSで先行を試みるものの、いまいち伸びきれませんでした。ごちゃついた影響もあると思うけど、中団で脚を溜める方が合ってそうな印象。デビュー2戦の内容から実力があるのは明白で、前走の敗戦によって少し人気を落とすなら狙い目。


▲アニメイトバイオ


京王杯2歳Sは出遅れて後方からの競馬になったものの、直線で良い脚を見せて2着まで上がってきました。上手く内を突いた鞍上の好騎乗もあるけど、府中の直線を伸びきったのは好印象。今回は内田Jに乗り替わりで鞍上強化。スタートさえ決まれば中団くらいにはつけると思われ、瞬発力勝負になれば強そうです。


オディールの妹、カスクドールが出走してきましたね。前走が大敗してしまってあまり注目されていないけど、ひっそり応援しようかな。



馬券はベストクルーズ、ラナンキュラス、アニメイトバイオの馬連ボックスで勝負。押さえでベストクルーズからタガノエリザベート、ジュエルオブナイル、タガノパルムドール、カスクドールにも流しておきます。予算の残りはベストクルーズの複勝でw

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。