スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ヒロイン誕生!赤い鳥アパパネ

アパパネは力が抜けている。そんな風に思えるほど強い勝ち方でした。アニメイトバイオが追いすがろうとも何処まで行っても抜けない。着差以上に力の差はありそうですね。

ゲート入りの時はテンションが高くなかなか入れなかったので、アパパネはないかなと思ったのですが、いざゲートが開くと好スタートを切ってかかることもなく落ち着いた走り。直線で内に切れ込むと鋭く伸びて快勝。スタミナが必要とされる阪神1600mであれだけの走りができるので、距離が伸びても大丈夫そう。同じ舞台で開催される桜花賞はもちろん、オークスが楽しみな馬。

馬名のアパパネとは、ハワイに生息する赤い鳥の名前だそうです。日本では馴染みのないイントネーションだけど、父のキングカメハメハとハワイ繋がりで良いですねw

キングカメハメハ産駒で初のG1勝利。これは嬉しい!来週もキングカメハメハ産駒のローズキングダムが出走するし、2歳G1完全制覇と行ってもらいたいところ。


アニメイトバイオは出遅れることなく中団からの競馬。直線の伸びを考えると位置取りはよかったと思うし、アニメイトバイオの力は十分に発揮できたレースなのでは。ただ、思ったよりキレた印象はなかったので、これからの成長に期待。


ベストクルーズは追い込み届かず3着。でもこれは正直よくがんばったなという感じw スタートでダッシュがつかず、アンカツも押して行くことなくまさかの後方集団。すぐ後ろにタガノエリザベートやシンメイフジ(こちらは出遅れが原因)がいて、ラナンキュラスとアニメイトバイオが前いにいる状況ではかなり厳しい。
直線は祈るような気持ちで見ていると、アパパネとアニメイトバイオに遅れは取ったものの、よく内から伸びてきて何とか3着。ひやひやしたけど、ベストクルーズの新しい一面が見れました。あとひと押しがあればクラシックでも主役級の活躍ができるかも。


ラナンキュラスは4着。やはり中団くらいから進める方がよさそう。内にぴったりとつけて経済コースを回れたし、直線でアパパネに前に出られた意外は問題なく追い出せている。ラナンキュラスにとっては勝ちパターンのように見えたこのレース。届かなかったのは力の差でしょうか。桜花賞までにレベルアップをして、次こそは本命に推せたら。



馬券はベストクルーズの複勝のみ当たり。今週はプラマイゼロで丸く収まりましたw


と、中日新聞杯はトーセンジョーダンの単勝を買っていたのではずれ。最後尾からのレースになってしまい、届かず4着。外枠を無視して力だけをみて本命にした結果、もろに外枠の影響でレースにならなかったですね。反省。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。