スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックに向けて、朝日杯FS

毎年、有力な2歳馬がラジオNIKKEI杯に向かうのですが、今年は揃った気がします。というか、印象に残った2歳馬が出てきてるのでそう思うだけかなw

昨年の覇者セイウンワンダーはその後クラシックで活躍し、菊花賞でも3着ですからね。今年もまたこのレースからクラシックで活躍できる馬が出てほしい。1600mの距離が良いのかどうかは微妙なんですが、それはいつもレースの結果を見てから思うことが多いので、今は1600mで良いと思います。

1番人気はローズキングダムで2.4倍ほど。次いでエイシンアポロン、トーセンファントム、キングレオポルドの順。ローズキングダムは1倍代まで行くかと思ったけど、2倍つくならありがたい。


今回は最初から決まってたので予想と言うよりほぼ直感ですが、自信はありますよ。


◎ローズキングダム


バラ一族の悲願とキングカメハメハの快挙がかかり、個人的に期待しまくっているローズキングダム。4枠8番とちょうど真ん中に入りました。このレースはどうしても外枠不利になってしまうので、ひとまず安心。
内の馬が前に行くだろうし、中団かそれより少し前くらいから進めそう。ペースが早くなったときにどう出るかですが、器用なイメージはあるのであまり気にしない。


○トーセンファントム


対して外枠に入ってしまったのがトーセンファントム。東スポ杯2歳Sでローズキングダムと接戦を繰り広げ、当然ここでも優勝候補なだけにこれは痛い。前半はあまり無理をせず脚を溜める形になりそう。その分だけマイナスにはなるものの、持ってる力はトップレベルだと思うので鞍上の乗り方に期待したい。


▲ツルマルジュピター


おもしろそうなのはツルマルジュピター。京王杯2歳Sが印象的で、果敢に逃げながら直線でよく粘って3着。タイム差もエイシンアポロンから0.2秒だしこれは良いのでは。ただ、前走で1200mを走っていることと、枠も少し影響しそうなところが心配。好スタートからマイペースで走ることができれば粘る可能性は十分。



馬券はローズキングダムの単勝と、ローズキングダムからトーセンファントム、ツルマルジュピター、あとアンカツのエーシンホワイティに馬連を流します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。