スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリーSからクラシック候補は出るか

ジェルミナル


フェアリーSは昨年、ジェルミナルが制してその後クラシックで活躍。競馬場こそ中山ですが、距離が1600mなので桜花賞を考える上でも参考になるレースだと思います。今年はメジロオードリーやアドマイヤテンバなどの超良血馬も顔を揃え、注目の一戦となりそう。

アドマイヤテンバとテイラーバートンが8枠で、人気のアプリコットフィズが7枠。枠順だけを見ると荒れる予感もするのですが、どうなりますかね。馬券的には難しそう。


◎テイラーバートン


牡馬と戦ってきたことを考えると力があるのは明らか。問題は大外からちょっと無理してでも位置を取りに行くか、前半はあまり無理せず中団から進めるのか。スタートさえ決まればある程度の位置は取れそうな気がしますが、こればっかりはわかりませんね。この条件からどう進めるのか楽しみながら見たいです。


○アドマイヤテンバ


期待度からするとアドマイヤテンバを本命にしたいくらいなのですが、押して位置を取りに行くと掛かりそうな感じなので、少し不安要素がありますね。デビューから2000mを走っている強さがあるし、少々の無理があっても崩れないんじゃないかと思うのですが。こちらもアンカツがどう乗るかが楽しみ。



馬券はテイラーバートンの1頭軸で3連複。アドマイヤテンバ、メジロオードリー、カホマックス、セントアンズ、ナリタブルースターまで。8枠の2頭以外は、内からある程度の位置につけられそうな馬という感じ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。