スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカツと桜花賞


2006年の桜花賞キストゥヘブンで制覇し

2007年の桜花賞ダイワスカーレットで勝って

桜花賞2連覇という偉業を成し遂げたアンカツ


この2つのレースはもちろん生で観戦したし

これからも忘れないであろう思い出のレース


これで完全に桜花賞に強いアンカツのイメージがついた


しかし、もうひとつ記憶に残っているアンカツ桜花賞がある

それは95年のライデンリーダーで参戦した桜花賞


JRAのG1に地方所属馬が参戦できるようになったその年に

笠松から英雄と女傑が桜花賞に挑戦した


次元の違う走りを見せた4歳牝馬特別と

地方馬ながら1番人気に推された桜花賞

どちらもテレビで見てた気がするけど、よく覚えてる


桜花賞では4着に敗れたけれど

果敢に挑戦するその姿に感動した


あの挑戦があったからこそ

桜花賞に強いアンカツが誕生したのだと思う


来年はどの馬で桜花賞に挑戦するのか

そしてどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか


今から楽しみだな~

個人的に桜花賞は好きなG1だしね


95年4歳牝馬特別


95年桜花賞


06年桜花賞


07年桜花賞


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。