スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカルアマランサス豪快に差し切り

ヒカルアマランサスの豪快な差し切りは見応えありましたね。直線に向いた時点でまだ最後方だったので焦りましたが、デムーロJの鞭に応えてがんばってくれました。逃げたザレマが3着に粘り、番手を走っていたベストロケーションが2着なので決して差し馬に流れが向いたわけではなく、おまけに雨。それでいて33.6秒ですからすごい。52kgの恩恵はあったものの、十分に力があったと見てよさそう。楽しみな馬が出てきました。

スタートからザレマがスーっと出て行き、外からベストロケーションが来たものの競り合うことなく落ち着いた流れ。ショウナンラノビアが前に行けなかったことは予想外ですね。もしスタートがうまく行っていればもう少し早く流れていたかも。ヒカルアマランサスは最後方からの追走でしたが、デムーロJは最初からそのつもりだったのかもしれませんね。


直線はザレマとベストロケーションの競り合いで、普通ならこの2頭で決まると思うところ、外から次元の違う脚で飛んできたと。アンカツと木幡Jの目にはどう映っていたんだろう。

ザレマは3度目の挑戦でまたしても3着と残念ですが、最後は差し返す勢いを見せていたし力は出しきれたと思います。次がラストランの可能性が高いし、有終の美を飾ってもらいたい。さすがザレマといった走りでした。

レインダンスは雨の影響かさっぱりでしたが、レジネッタが思いのほか伸びていたように思います。桜花賞以来、勝ち星のないレジネッタですが、そろそろ狙い目なのかも。


馬券はヒカルアマランサス、ベストロケーション、ザレマの3連複が当たり。気分的にはこれが今年の初当たりw このレースではずしたら次は馬連ボックスにしようかと思っていたのでよかった。2月も3連複で行きます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。