スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉大賞典は前残りに期待

レイチェルアレクサンドラとゼニヤッタの対決が現実になりそうらしいです。レイチェルアレクサンドラは8戦全勝で、ゼニヤッタは14戦全勝と、共に世界を代表する名牝。この2頭が対決するとなれば当然世界中の注目を集めることになり、それはすごい盛り上がりになりそう。舞台はアメリカのアップルブラッサムH(G1)になる可能性が高いそうです。ドバイWCで対決というのが一番盛り上がりそうな気がしますが、共にアメリカの馬なので国内でのレースが現実的ではありますね。動向を楽しみに見守りたいと思います。

さて、今週の重賞は土曜に小倉大賞典、日曜に共同通信杯とシルクロードS。馬券は小倉大賞典と共同通信杯で買ってみようと思います。シルクロードSは荒れそうな気がするのですが、アルティマトゥーレに注目します。

小倉大賞典はとりあえず、前に行きそうな馬から狙ってみますか。


◎ナリタクリスタル


先行タイプで武さんも乗り慣れている馬だし、54kgも有利。外枠ですが、馬群に包まれる心配も無いし良い位置で進められると思います。3連複の軸には最適かと。それにしてもこの馬、昨年はほぼ月1でレースに出走してますね。その上、安定感もあってすばらしい。ここで勝負できれば、今年は重賞戦線で活躍を続けてくれそう。


馬券はナリタクリスタル1頭軸の3連複。重賞連勝がかかるリトルアマポーラ、前走がよかったドリームサンデー、外からすっと前に行けそうなオースミスパーク、押さえでテイエムアンコールとバロズハートまで。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。