スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダート王者か芝からの挑戦か

ちょっとバタバタしてたので一週開いてしまいましたが、今週から再開です。京都記念はブエナビスタが順当に勝って一安心ですが、先行して抜け出すと目標がない分フワフワした印象を受けました。外からジャガーメイルがいい感じで来てくれたからそこからエンジンがかかりましたが、一気に来られていたら危なかったかも。ドバイでは海外のジョッキーが乗る情報をどこかで目にした気がするのですが、どうなるのでしょう。まずは無事に行ってもらいたい。

クイーンCはテイラーバートンがまさかの3着で桜花賞が危うくなったかも。ラスト1Fで止まった感じだし、先に不安が残るレースでした。何とか桜花賞には出走してほしいですが。

明日はフェブラリーS。今年は芝路線で活躍している馬がダート初挑戦でいきなりフェブラリーSに出てくるというおもしろいメンバー構成に。しかも1頭ではなく数頭いるので、予想は難しいですね。それでも、本命はこれしかいないでしょう。前回は変に考えすぎて失敗しましたが、もう逆らいませんw


◎エスポワールシチー


とにかくジャパンカップダートが圧巻でしたね。この馬の実力と佐藤Jとの信頼関係を甘く見ていました。このコンビはもう国内では負けないんじゃないか。それぐらいの強さを感じました。内枠に入ったので問題なく逃げられそうだし、もしリーチザクラウンが逃げたとしても2番手からで十分。気持ちよくドバイに向かってほしいですね。ここは通過点。

対抗はわかりませんw 芝路線からの馬がそこそこいい所まで来そうな気がします。


馬券はエスポワールシチー1当軸の3連複で、サクセスブロッケン、ワイルドワンダー、芝からのリーチザクラウン、レッドスパーダ、押さえでミリオンディスク。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。