スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブミーチャン果敢に逃げるも敗れる

ラブミーチャンは果敢に逃げて直線まで夢を見せてくれましたが、ラスト200mで失速。12着に敗れ桜花賞出走の夢は叶いませんでした。でもスピードはさすがですね。芝でも難なく逃げることができたし、ダートに戻ればまた連勝街道を進むんじゃないかなと思います。

サウンドバリアーが勝ち、人気のラナンキュラスが2着。3着にキングカメハメハ産駒のレディアルバローザが入り、この3頭に桜花賞の優先出走権が。残念ながら、本命に推したテイラーバートンは13着と大敗を喫し、権利を取ることができませんでした。

ま、実力で負けたわけではないので、また立て直してオークスを目指してくれれば。今日のレースは何もしていないですね。


いい位置につけていたし、直線に向くまでは上位に食い込むことを確信していました。が、直線に向いても捌くことができず、何度も前が詰まりついには戦意喪失。テイラーバートンの力をまったく発揮することなく終わってしまいました。これは悔しいなー。。 全周パトロールを見てみましたが、前にいた2頭がまったく伸びずに後退してきた煽りをもろに受けている感じ。鞍上も跨がっているだけで何もできてないですね。あと1頭分外に出せていたら伸びていたんでしょうけど…、残念。


中山牝馬Sはニシノブルームーンが優勝。ラストランのザレマは12着。ゆっくり休んで元気な子供を産んでほしいですね。お疲れさまでした!


今週の馬券はさっぱりでした。あいたた。。 次週は当てられるようにがんばろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。