スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダノンシャンティ驚きの強さ

世代を代表するメンバーが揃った毎日杯はダノンシャンティが勝利。アンカツがぎりぎりまで追い出しを待ってコントロールしていたように、余力残しの勝利。G1制覇に王手と言える内容だったと思います。

直線でザタイキが故障し武さんが落馬。武さんは骨折したものの、意識はあるとのことで一安心。しかし、ザタイキは骨折の具合がひどく予後不良に。陣営の期待も大きく、これからの成長が楽しみだったので残念です。ご冥福をお祈りします。

一方、日経賞はマイネルキッツが勝利。審議になっていたので気持ちのいい勝利というわけには行きませんでしたが、天皇賞馬らしい走りだったと思います。ロジユニヴァースは不利もあって6着でしたが、休養明けだしまだまだこれからの馬。立て直して順調に天皇賞に向かってほしい。


ネヴァブションは4着でした。道中の位置取りも思っていたより後ろで、4コーナーでの手応えも実に怪しい。直線に向いたときには諦めていたのですが、最後に伸びてきて3着まで行けるか?と思ったところがゴール。結局4着でしたが、ちょっとだけどきどきしましたw 枠がもう少し外ならよかったのかも。

馬券はネヴァブション軸の3連複なのではずれ。惜しかったー。


毎日杯が終わって、皐月賞のメンバーがほぼ決まってきましたね。武さんが骨折してしまったので、ヴィクトワールピサの鞍上が気になります。武さんの奇跡的な回復力でなんとか間に合いませんかねー。。

今年の皐月賞は例年以上に楽しみなのですが、4/17に東京に行く予定があり、その流れで中山まで行けるかも!


と、もうすぐドバイです。深夜なのでリアルタイムで確認できないかもしれませんが、楽しみです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。