スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G1史上初の同着!アパパネとサンテミリオン

オークスでアパパネとサンテミリオンがまさかの同着!
判定の写真を見てみましたが、全くわかりませんw こんなことってあるんですね、しかもG1で。一般戦ならたまにありますが、G1の場合はミリ単位まで測って意地でも順位をつけると思っていたのでビックリです。色んな意味で歴史的なレースになりました。

本命のオウケンサクラはスタートで終わってしまった印象。後手を踏んだわけではないですが、隣の二ーマルオトメに一気にこられて前に行くことができませんでした。でもまあ、ほぼ同じ位置にいたアパパネとサンテミリオンが上位に来ていることを考えると、位置取りだけじゃなく力の差もあったように感じます。


一方、負けて強しと思ったのはアグネスワルツ。休養明け2戦目で、脚質的にも勝ち切ることは難しいと思っていましたが、この3着は立派。秋に期待が膨らむ走りだったと思います。


馬券はオウケンサクラの単勝なのでハズレ。自信があっただけに残念。。

次週はいよいよダービーですが、なんとしても晴れてくれることを願います。良馬場で全頭が力を発揮できる舞台になりますように。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。