スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイシンフラッシュがダービーを制す

楽しみにしていたダービー。結果はエイシンフラッシュが優勝!最後はローズキングダムとの叩き合いだったので力が入りましたねー。もちろん、ローズキングダムを応援していたので、ゴールした瞬間に崩折れてしまいましたw

それにしても、勝ち馬の上がりが32.7秒て。ローズキングダムも32.9秒。ダービーでここまでスローの上がり勝負になることも珍しい気がします。ヴィクトワールピサは位置取りもよく順調に見えましたが、直線ではじけることができずに3着(それでも上がりは33.1秒ですが…)。ルーラーシップも全力を出し切ったという印象ではなく5着。

そして最も不完全燃焼に終わってしまったのがペルーサ。パドックからうるさい素振りを見せていましたが、まさかの出遅れ。この展開で後方からになってしまったのは痛かった。有力馬の中で一番掛かるとか出遅れとかには無縁の馬だと思っていたので、本番で出遅れたことにはほんとにびっくりしました。

ローズキングダムの2着はもう少しで勝てそうだっただけに悔しいですが、強さを見せてくれたことは嬉しい。後藤Jも完璧な騎乗だったと思います。欲を言えばもう少し馬体が増えていてほしかったけど、ゆっくり休養して秋には一段とパワフルになって戻ってきてくれれば。個人的には菊花賞よりも天皇賞に出走して、ダノンシャンティと勝負してほしい。やっぱり東京は合いますね。

馬券はばずれたものの、直線で盛り上がって楽しかったのでよし。無事にダービーが終わってほっとしていますw

凱旋門賞に行く馬はいるんでしょうか。ペルーサには行ってもらいたいけど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。