スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏も、スプリント戦はビービーガルダン

宝塚記念が終わって、本格的に夏競馬が始まりました。新馬戦はディープインパクト産駒が数頭勝ち上がっており、話題を独占している感じですね。個人的には、ハーツクライ産駒に注目しているので、これからどんどん頑張ってもらいたい。阪神にも何度か、新馬戦を見に行けたらいいなと思います。

夏と言えばスプリント戦のイメージがあり、今日は函館スプリントステークスが楽しみ。夏のスプリント戦でビービーガルダンに注目するのも恒例化しつつあります。今回は59kgと斤量を背負いますが、それでもメンバーが軽いのでそれ程の苦戦にはならないのかなといった感じ。むしろそのおかげで単勝オッズか付いてありがたいと考えます。

もうひとつ、福島ではラジオNIKKEI賞が開催。トゥザグローリーを筆頭に、春に何度も名前を聞いた馬が数頭出ており、秋に向けてもしっかり見ておきたいレース。ハンデ戦なのでちょっと荒れるかもですねー。



◎ビービーガルダン


休み明けに加えて59kgの斤量と、普通なら手を出しにくい条件が揃いました。でもそこはビービーガルダン。鉄砲なんてお手の物。500kg近い馬格を誇るので斤量なんて関係ねえ。そして何と行っても洋芝の鬼。ま、これで負けたらそもそも走る気がなかったということでしょう。気楽に単勝馬券を買いたいと思います。


◎リリエンタール


ラジオNIKKEI賞の本命はリリエンタールで。青葉賞でアンカツが騎乗して5着。ペルーサには及ばなかったにしろ、見せ場十分の良い内容でした。同じく青葉賞で負けたトゥザグローリーとどれだけ差が縮まっているかに注目です。展開ひとつで逆転は可能だと思いますよ。5番手くらいに付けてくれると嬉しい。



馬券は、函館スプリントステークスがビービーガルダンの単勝、ラジオNIKKEI賞がリリエンタールの複勝。この2点で勝負します。宝塚記念はかすりもしなかったので、ここは当てておきたいです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。