スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグリキャップ永眠、アドマイヤジャパン産駒初勝利など

少し前から、予想の中でいくつか気になるニュースについて触れるようにしていますが、今週からはひとつのエントリーとしてまとめようと思います。

オグリキャップ永眠


7月3日にオグリキャップが骨折により亡くなりました。「伝説のスーパースター・オグリキャップが永眠」で書きましたが、こんなに強く記憶に刻まれる馬はオグリただ一頭です。


タケミカヅチが出血性大腸炎で永眠


6月30日に亡くなったそうです。1勝馬ながら重賞戦線で活躍している姿が印象的でした。印象に残っているレースは皐月賞ですね。安らかに眠ってください。


帝王賞でフリオーソが勝利


2番手からレースを進めたフリオーソが、逃げるサクセスブロッケンを交わして優勝。2着には特例で出走したカネヒキリ。フリオーソが勝ったことよりも、またしても蘇ったカネヒキリの健闘に驚きです。素晴らしい。


ナカヤマフェスタ、凱旋門賞は蛯名騎手とコンビ


てっきり、柴田善臣さんがロンシャンに行くと思って興味を持っていたのですが、その前に手綱を取っていた蛯名騎手が騎乗するようです。蛯名騎手は以前にエルコンドルパサーで凱旋門賞に挑戦しモンジューの2着と健闘していますし、今回も調教師共々チーム・エルコンドルパサーということみたい。


アドマイヤジャパン産駒が初勝利


3日の福島5Rで、アドマイヤジャパン産駒のアポロジェニー(牝馬)がデビュー戦勝利。アドマイヤジャパンはディープの同期で、菊花賞が印象的でした。ビワハイジの血統だし、これからどんな馬が出てくるか楽しみですね!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。