スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドディザイア前哨戦は3着でも本番はきっと勝つ

レッドディザイア


ウイニングポストおもしろいです。なかなか難しくて、ようやくG1というかJpn1のJBCスプリントを勝てたくらいで、まだまだこれからというところ。ゲームにハマると他のことが疎かになってしまうので注意しようと思いながら、すっかりハマってしまっていますw

今週からG1が始まるので競馬も一段と盛り上がって行きます。昨日は札幌2歳Sのオールアズワン、シリウスSのキングスエンブレム、秋風Sのリビアーモと、3場メインで単勝が当たって気分も上々。この勢いでスプリンターズSも当てたいところ。

気になったニュースとスプリンターズSの予想を少し。


ローズキングダム神戸新聞杯快勝!


素晴らしい走りでした。エイシンフラッシュ相手に良いレースをして勝ったことはもちろん、プラス22kgと馬体が増えていたのが何より嬉しい。3000mの距離はわかりませんが、今の状態からさらに良くなれば好走できることは間違いないと思います。


ノリさん落馬重傷


26日の中山3Rでスタート直後に落馬。その後大きく取り上げられていたわけではなく、すぐに復帰してくれるものと勝手に思っていました。実は頭蓋骨骨折と中心性頸髄損傷というかなりの重傷らしく…。昨年からノリさんの活躍ぶりは凄くて、個人的にも好きな騎手なので、少しでも早くなんて言いませんただ復帰を願います。戻ってきてくれますように。


レイチェルアレクサンドラ引退


ゼニヤッタと共にアメリカで話題沸騰していたレイチェルアレクサンドラが引退したようです。牝馬ながらプリークネスステークスを含む8連勝をし、通算成績は19戦13勝。4歳の今年は成績が低迷していたようで、これだけの馬ですから繁殖への期待も当然高く、引退となったようですね。


ロジユニヴァース天皇賞回避


やっぱり…といえば失礼ですが回避してしまいました。札幌記念がいい内容だったので、いよいよ復調かと秋にかける期待は高かったのですが。いきなりジャパンカップは難しいかもしれませんが、ダービー馬としてこの舞台にはいい状態で戻ってきてほしい。がんばれロジユニヴァース。


ペルーサはアンカツで毎日王冠へ


ノリさん負傷でアンカツに交替。春は大いに競馬を盛り上げてくれた馬だし、3歳トップレベルの実力馬として古馬に勝ってほしいですね。毎日王冠に出るということは菊花賞には向かわず天皇賞なのでしょうね。楽しみです。


ディープ産駒のリベルタスがデビュー勝ち


ディープインパクト産駒でオーナーが金子さんと言うと、それだけで良い馬なのかなと思ってしまいます。4コーナーの雰囲気からするともっとスッと伸びて楽に勝ってもよさそうな感じでしたが、何とかゴール前で差しました。母がカーリングで、ローエングリンとかレゴラスの弟に当たります。この血統は割と好きなので注目。リベルタスとはラテン語で「自由」の意味だとか。 そうそう、馬名の意味はJRAのサイトで調べられるのでたまに眺めると面白いですよ。


レッドディザイア前哨戦は3着


BCフィリー&メアターフ(11月5日、米チャーチルダウンズ、G1、芝2200m)に出走予定のレッドディザイアが前哨戦に出走。フラワーボウル招待SというアメリカのG1(芝2000m)で、惜しい3着だったそうです。鞍上はデザーモ騎手なんですねー。レース映像は見ていませんが、なかなか良い内容だったみたいで、本番は期待できそうですね。


◎キンシャサノキセキ - スプリンターズS


グリーンバーディーの前走を見たときには本番はこの馬と思ったのですが、どうも前から行けるイメージがなくて。前走より前につけてくるならあっさり勝たれても仕方ない。キンシャサノキセキは前走回避の影響と休み明けでいきなりG1という大きな割引はあるものの、ビービーガルダンとローレルゲレイロ以外の日本馬とはやはり実力が違う。スプリント完全制覇の可能性は十分あると思います。ビービーガルダンは前走の負け方がちょっと危なく感じるのと、ローレルゲレイロは去年勝ったからもういいやんということでw
馬券はキンシャサノキセキの単勝と、グリーンバーディーの影に隠れて全然目立っていないけど実はグリーンバーディーに3戦3勝らしいウルトラファンタジーの複勝でも買ってみます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。