スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の競馬振り返り

今年は何と言っても3歳牡馬のレベルが高く一年を通して楽しめた年でした。来年は彼等が競馬界を引っ張ってくれると思うと楽しみで仕方がないです。頂点に君臨するブエナビスタとまた壮絶なレースが観られそう。

年度代表馬は混戦だと思いますが、ブエナビスタでしょうか。ドバイで世界レベルであることを証明し、秋には天皇賞1着、JC2着(1着入線)、有馬記念2着。ウオッカ以上の切れ味にスカーレット並の安定感。すばらしいです。

年度代表馬と同じくらい注目なのが最優秀3歳牡馬。ダービーを制したエイシンフラッシュは秋がいまいちだったので、有馬を勝ったヴィクトワールピサか、そのヴィクトワールピサにJCで勝っているローズキングダムのどちらか。個人的にはローズキングダムが世代最強だと思っているので受賞してほしい。あと、ペルーサに特別賞w

そんな中、3歳のG1だとダノンシャンティが勝ったNHKマイルCが今年のベストレース。予想外の有馬での復帰でしたが、これはまあ度外視して、次走から世代トップレベルの1頭として注目したいと思います。

ちょっと長くなりましたが、フェブラリーSからG1をざっくりと振り返ります。


フェブラリーステークス - エスポワールシチー


◎エスポワールシチーが逃げ切り。これは文句なしに強かったです。その後、ドバイWCでの走りを楽しみにしていましたが回避。来年もフェブラリーSに出走してくるとスマートファルコンとの逃げ争いが観られるかも。


高松宮記念 - キンシャサノキセキ


◎キンシャサノキセキが悲願のG1制覇!ビービーガルダンがまたしてもハナ差の2着でちょっと複雑でしたが、キンシャサのG1制覇に素直に喜びました。嬉しさで言うと今年ベストだったかも。


桜花賞 - アパパネ


これは現地で観ました。アパパネが順当にまずは1冠。◎はオウケンサクラにしていたと思います。ラスト100mくらいでめっちゃ叫んだ記憶があるのでw


皐月賞 - ヴィクトワールピサ


皐月賞の前日に東京に行く予定があったので、そのまま中山まで遠征。初めて皐月賞を現地で観ることができました。◎はローズキングダムだったのでゴールの瞬間は呆然としていましたが、ヴィクトワールピサの強さには脱帽。岩田Jのガッツポーズが印象的でした。


天皇賞・春 - ジャガーメイル


ジャガーメイルがG1初制覇。ものすごい勢いで伸びてきたのでびっくりしました。このレース以降は難しいレースが続いて結果が出ていませんが、スムーズに行くともう1つG1を勝ってもおかしくないと思います。


NHKマイルカップ - ダノンシャンティ


3歳戦の中ではベストレース。ダノンシャンティの走りは次元が違いました。それだけに、まさかのダービー回避が悔やまれます。有馬で復帰はしましたが、きちんと立て直してG2あたりから順に勝って行ってほしいなと思います。とりあえず安田記念を勝って秋は海外へ。


ヴィクトリアマイル - ブエナビスタ


おそらくデビュー以来最悪の状態だったと思われるブエナビスタがなんとか辛勝。見ている分には楽に勝ったように思ったのですが、着差はかなり際どいものでした。同じくドバイ帰りのレッドディザイアは4着でした。


オークス - アパパネ・サンテミリオン(同着)


G1史上初の同着。G1だけは同着という判定はないものと思っていたので、驚きと複雑な気持ちとなんとも言えない感じにw サンテミリオンも強かったですが、アパパネの根性に脱帽。見事な2冠達成。


日本ダービー - エイシンフラッシュ


今年最も楽しみにしていて、そして今年最も残念な気持ちになってしまったレース。ダービーを勝ったエイシンフラッシュの走りはすばらしいものでしたが、レースレベルはちょっと微妙だったように感じます。まあ、◎ローズキングダムが2着でめちゃくちゃ悔しかっただけかもしれませんがw


安田記念 - ショウワモダン


◎リーチザクラウンだったので、ある意味楽しめたレース。馬券は豪快に外しましたが、久しぶりに後藤Jが勝ってよかったです。ショウワモダンもこれでマイル路線で王道を行くものと思っていましたが、秋になって陣営の意味不明な動向に振り回されましたね。ショウワモダンにはもう一度何処かで勝ってほしい。


宝塚記念 - ナカヤマフェスタ


期待を込めて◎ロジユニヴァースで応援しましたが、結果は13着。勝ったのはブエナビスタではなくナカヤマフェスタ。後の凱旋門賞での走りを知った今からすると本当に失礼きわまりないですが、この時はなぜナカヤマフェスタがG1を勝てたのか不思議で仕方ありませんでした。強い馬ですよねw


スプリンターズステークス - ウルトラファンタジー


香港からの刺客グリーンバーディーが1番人気に支持されるも、勝ったのは同じ香港馬のウルトラファンタジー。当日に、ウルトラファンタジーはグリーンバーディーに3戦3勝という情報を掴んでいたのでウルトラファンタジーの複勝を押さえていて正解。しかしまあ、このレースは逃げ切りが多いですね。


秋華賞 - アパパネ


見事に3冠達成!前哨戦で4着だったものの、きっちり本番に照準を合わせてきて快勝。完璧でしたね。これでミスターダビスタ金子さんは、ディープインパクトで牡馬3冠、アパパネで牝馬3冠という、まさにゲームみたいw


菊花賞 - ビッグウィーク


川田Jの好騎乗が光っていましたが、それ以上にローズキングダムの武さんがやらかしてしまいました。あの位置は無理です。これでもう武さんの連続G1勝利記録は完全に途絶えたと思いましたが。ビッグウィークは菊花賞以来走っていないので、次走からまた注目ですね。


天皇賞・秋 - ブエナビスタ


これが今年のベストレースかも。ブエナビスタ史上最高の、完璧なレースでした。ブエナにこの走りをされたら国内に勝てる馬はいないです。うまくブエナの特徴を引き出したスミヨンJに感謝。すばらしい。また、出遅れはしたものの、ペルーサの新たな一面が見れたこともよかったです。


エリザベス女王杯 - スノーフェアリー


めちゃくちゃ強くて驚きました。ブエナビスタといい勝負になると思ったのでジャパンカップに出て欲しかったですねー。その後、香港カップで世界の強豪を相手に快勝。もしかしたらブエナより強いかも。


マイルチャンピオンシップ - エーシンフォワード


キンシャサを応援しましたが残念。勝ったのはエーシンフォワードでした。臨戦過程が良くなかったのでまったくノーマークでしたが、岩田Jの好騎乗もあって混戦を制しました。有り得ないローテーションで参戦させられたショウワモダンがかわいそうでした。。


ジャパンカップ - ローズキングダム


後味の悪さはありましたが、結果としてローズキングダムが優勝したことは嬉しい。最後まで諦めずに走ったローズと、追い続けてくれた武さんの勝利。ペルーサはここも痛恨の出遅れ。。あの海外馬がゲート入りを渋らなければ。


ジャパンカップダート - トランセンド


強気な逃げでG1勝利。アンカツが乗っていた時は逃げるイメージがなかったものの、藤田Jに代わってからすっかり逃げ馬になりました。来年はエスポワールシチーとスマートファルコンと一緒に走る機会もあると思うので楽しみ。しかし、ジャパンカップダートは阪神1800mになってから盛り上がりに欠けますね…。距離は2000mはあったほうが海外馬も参戦してくれるのでは。


阪神ジュベナイルフィリーズ - レーヴディソール


レーヴドスカー産駒からついにG1馬が誕生。一昨年のブエナビスタを彷彿とさせる豪快な末脚に、かわいらしい顔立ちでおまけに芦毛なので来年はもっと人気が出そう。桜花賞が楽しみです。


朝日杯フューチュリティステークス - グランプリボス


ハーツクライ産駒を応援していましたが、勝ったのはハーツクライ産駒でもディープインパクト産駒でもないグランプリボス。5番人気でしたが、新馬戦でオールアズワンに勝った馬だし強いのは納得。マイルが適距離らしく、来年はNHKマイルCを目指すそうです。


有馬記念 - ヴィクトワールピサ


ペルーサのスタートが決まった時点で大興奮w ローズキングダムの回避が残念でしたが、ペルーサのスタートだけで何か満足な有馬でした。中山得意のヴィクトワールピサがデムーロJに導かれてブエナビスタを抑えて勝利。ブエナビスタVS.3歳牡馬という、今年の競馬界を象徴するような結果だったと思います。


一年を通して馬券はあまり当たりませんでしたが、見ていて面白いレースが多く楽しい一年でした。来年はもっと馬券も当てて、できれば天皇賞・秋を現地観戦したいです。ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ペルーサ、ダノンシャンティ、強い世代の中でも特に彼等には注目して行きます。


また、今年の1月から実験的にはじめたアンカツ騎乗予定のTwitterアカウントもなんとか1年続きました。フォロワーも100人を超え、ちょくちょくmentionもあるので続けてよかったです。2011年も続けるかは考え中です。

→ アンカツ騎乗予定 @ankatsu_ride
→ アンカツ騎乗予定の過去ログ

個人的なTwitterアカウントはこちらです。
→ @ke1ta

それでは今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

→ 2009年G1振り返りはこちらより

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。