スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的快挙 - ヴィクトワールピサがドバイWC優勝

ヴィクトワールピサ キンシャサノキセキ

2011年3月27日。歴史的な一日となりました。

ヴィクトワールピサが世界最高峰のレース・ドバイワールドカップ優勝!2着にトランセンドが入って日本馬のワンツーフィニッシュ。数々の名馬が挑戦して一度も勝てなかったレースでこの快挙。スゴすぎる…。

ブエナビスタも含め、史上最強といってもいいメンバーで挑んだだけあって期待はしていましたが、結果を見たときは目を疑いました。果敢に逃げた藤田Jに、スタートで後手を踏みながらも道中で先団に取り付いたデムーロJの好判断。レースを見返す度に興奮がよみがえります。

こういう時だからこそ、日本の底力を見せてもらえた気がして一層感激しました。ありがとう。

それにしても、日本の芝トップクラスのヴィクトワールピサにダート王トランセンドがワンツーフィニッシュというは面白いですね。オールウェザーこそ真の最強馬決定戦の舞台に相応しいような気がしました。


一方、国内では高松宮記念が開催。今年は阪神競馬場での開催となりましたが、結果は順当にキンシャサノキセキが優勝!このレース初の連覇達成。南半球産ということもあって、いつまでも若いイメージがあるけどもう8歳。この勝利は大きいですね。

今日はほんとうに彼等の活躍に元気づけられました。競馬は最高です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

名前:keita
在住:大阪
ホームグラウンドは阪神競馬場。アンカツを応援しています。牝馬戦に強い。

My Profile by iddy

アルペジオのように

広告

おすすめ本

安藤勝己の頭脳 名牝騎乗論 (競馬王新書28)

安藤勝己の頭脳 (競馬王新書)

競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。